うさぎの歯は伸びるので・・ヘーゼルナッツの木が大好きなんですよ!

うさぎの部屋

暑い夏も元気なうさぎたちです!

最近、特に女の子うさぎが サークルをガジガジとかじったり、木製のお家をかじっていることがよくあるので

「歯を削りたいのかしら?」

ちょうど庭に生えている、しかも成長しすぎて剪定が必要になっている「ヘーゼルナッツの木」を切って、うさぎの部屋に投入!です。

「わ〜〜い! 枝だわよ、枝! これをかじるとストレス解消になるのよ!」

「そうよね、美容にもいいわよね。 何と言っても綺麗な前歯、長すぎない前歯は大事よ!」

とにかくこの枝が大好きな女の子2匹、ぶらうん2としろくろ。 目の色を変えてかじりまくっています。 男の子は・・・なぜか見向きもしない。

 

そして・・約半日後・・・

あれほどあった枝はどこへいったのやら・・ 葉は流石にこの暑さもあって すでにすっかり乾いています。 パリパリの葉っぱもそれはそれで美味しいかも!

 

ところで・・・

このうさぎも大好きな「ヘーゼルナッツの木」、ハシバミと呼ばれています。 ハシバミの中でも「セイヨウハシバミ」と呼ばれているものがドイツなどヨーロッパでよくみられ、その木の実が「ヘーゼルナッツ」として食べられているものです。

ヘーゼルナッツ=Haselnuss (die Haselnuss  [複数]die Haselnüsse)の木は低木で 我が家の庭に生えているものは2mくらいの高さしかありません。 細い枝がいくつも地面から生えています。 Haselと呼ばれる木はいくつか種類がありますが 低木のものは「Gemeine Hasel」(ゲマイネ・ハーゼル)とも言われます。 これが「ヨーロッパハシバミ」です。

(お店でヘーゼルナッツの実として売られているものは大抵「Lambertshasel」と呼ばれる種類の木になる実だそうです)

実は 最初はこのように包まれています。 7月の時点ですね。 食べるには秋まで待った方が良いけれど、今回はうさぎさんのために切った枝に付いていた実です。

このままこの枝を切らずに置いておくと ナッツがもっと熟して 落下します。

 

この外側は殻なので 食べる時は殻を割って食べますが これが少々面倒・・でもヘーゼルナッツは甘みがあって美味しいですね。

 

ドイツ人には馴染みがあるナッツで ナッツ入りのチョコレートというとまずは「ヘーゼルナッツ入り」です。 チョコレートといえば ミルクチョコ、セミスイート、その次には「ヘーゼルナッツ入り」がポピュラーです。

ドイツの有名なチョコレートの一つ、「リッタースポーツ」のヘーゼルナッツ入り。 これは丸ごとのナッツですが 刻まれたヘーゼルナッツ入りのチョコレートはドイツのどこのスーパー でも簡単に手に入ります。

パンに塗るスプレッドの一つ イタリアの会社のものですが「Nutella」(ヌテラ)は ヘーゼルナッツを使ったものですが これはドイツ人の大好きなスプレッドの一つです。

パンに塗る甘いものといえば・・ジャムかヌテラ。 というのがドイツ。 ホテルの朝食でも大抵のところにあるのではないでしょうか?

ヌテラに似た、「ヘーゼルナッツのクリーム」を出しているメーカーはたくさんあります。 それほど人気、ということでしょうね。

 

話をうさぎに戻しますが・・

うさぎさんも大好きなヘーゼルナッツ。 この枝や葉はうさぎに毎日与えても大丈夫。 このヘーゼルナッツの枝はうさぎにとって 肝臓や胆嚢の働きを助ける役にたつ餌、なのだそうですよ。

健康のためにも うさぎにはせっせとハシバミの枝をかじってもらおうかしらね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました