【うさぎ】お昼寝って大事よね!

うさぎの部屋

日頃、ドイツ語の勉強に励んでいる我が「うさぎの部屋」のうさぎたち、実は(って、すでに何度か書いたけど)高齢うさぎです。

年をとると・・どうやら 一度には長時間眠れないけど、でもたっぷりの睡眠が必要なようですよ。

お昼寝中〜〜

以前は丸くなったまま寝ていたり、頭を持ち上げて寝ていたのに・・

すっかりリラックスして 伸びきって眠っています。

とにかく 伸びてお昼寝する「ぶらうん1」です。  Er schläft.

こちらも・・お昼寝大好き「ぶらうん2」です。 Sie schläft.

あ〜〜あ、そんなにドイツ語の勉強は大変なのかな?

誰にも邪魔されたくないのか、隠れて昼寝をしているつもり、の「ぶらうん1」です。

お昼寝中のうさぎの部屋のうさぎたち。 実はこれを書いているshirousagiも最近はお昼寝が欠かせません。 

ランチのあとはコーヒーを飲んで少しお昼寝! コーヒーナップです。
コーヒーをさっさと飲んで20分ほどお昼寝します。 ええ、ぶらうん1やぶらうん2たちと一緒に!

お昼寝といえば・・・

ドイツでは 午後1時から3時までは「Mittagsruhe」と称して アパートなどでは この時間には楽器などの音を出してはいけない、などの決まりがあるところが多かったものです。 (今でも13時から15時は静かにしておかないといけない家もあるようですが 以前に比べて少なくなりました。)

この 昼食の後の時間は お昼寝などして休み時間なので 近所の人の昼寝の邪魔をしないように 静かに過ごしなさい! という時間でした。

私がドイツに来てまもない頃、学校の休暇中に ホームスティしていたのですが その家庭は自営業で 家で仕事をしていました。
昼食は その家庭のおばあさんが作り、皆が食べた後、各自、寝室に入ってお昼寝。
その習慣は、お客さんがいても変わらず。 したがって、その家庭にお世話になった私も ランチをいただいた後は自室(ゲストルーム)に戻って お昼寝!でした。

ところが・・何しろお客さん扱いで、特に仕事をしていなくて (皿洗いくらいは手伝いましたが)疲れてもいないし、若かった頃の事。 徹夜も平気な頃の事。

ホストファミリーの皆がお昼寝の最中、物音を立てるのも 気が引けて 仕方なく私も昼寝をしようと 横になりましたが 眠れなくて 

退屈で、退屈で・・・・
(せめて今のように ネットがあれば ブログを書いて時間を潰せたのにね)

コメント

タイトルとURLをコピーしました