【ドイツ語の前置詞】hinter

ドイツ語では前置詞はとてもよく使われます。

その中でも 場所などを表す、視覚的に意味を覚えた方がよい前置詞の9個のうち 今日は「hinter」(〜の後ろに、〜の後ろへ)を取り上げます。

3格と4格をとる前置詞はこちらです。

ドイツ語では前置詞がとてもよく使われます。今回は 3格と4格をとる、主に空間を表す前置詞9個について紹介します。場所を表すので 視覚的に覚えましょう。その場所にある時は3格、その場所へ移動する時は4格をとります。使いわけの仕方を覚えましょう。

「hinter」の意味

hinter の場所はこの図でしたね。

そう、hinter は 何かの後ろという位置を表します。

「” Ich bin hinter der Toilette.”(私はトイレの後ろにいるわよ)・・ってわかるかしら? トイレの方がはっきり写真に写っているじゃない。 そんなの 許せない!」

「〜の後ろにいる」など 場所(wo)を表す場合は3格をとりますね。

  • Sie steht hinter der Tür. (彼女はドアの後ろにいます)

「〜の後ろに行く」など 行き先、移動先(wohin)を表す場合は4格でしたね。

  • Sie stellt sich hinter die Tür. (彼女はドアの後ろに立ちます)

その他で「hinter」を使う時

「〜の後ろに、〜の後ろへ」という意味から 以下のような使い方もあります。

  • Ich habe die Aufgabe hinter mich gebracht.   (私は課題を終えたわ)

hinter mich で「私の後ろへ」ですね。 「Aufgabe」(課題、宿題)を私の後ろに持っていった → 「課題を終えた」です。 hinter + 4格 です。

ああ、Aufgabe(課題)ができたわ。 ホッと一息よね。

スポンサーリンク
アドセンス大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス大