ドイツ語の文章

ドイツ語の文章

【ドイツ語文法】命令形の作り方

ドイツ語の命令形の文章の作り方を説明します。英語では動詞の原形を最初に持ってきますが、ドイツ語の場合は2人称には3つの種類があり、du、ihr、Sieのそれぞれで命令形の作り方が少し違います。変化の不規則な動詞にも気をつけて丁寧に覚えてください。
ドイツ語の文章

Bleiben Sie gesund!〜今一番使われている動詞はbleiben?

今年、2020年2月下旬に急に新型コロナウイルスの感染者が増えたドイツです。これを書いているのは3月29日です。1ヶ月前には学校閉鎖になったり接触禁止になったり(不要に3人以上の人と接触をするのが禁止)こうなると誰が想像したことか・・・ ...
ドイツ語の文章

ドイツ語の文章・時制5〜未来形

ドイツ語の時制、5つ目は「未来形」です。未来形といっても未来の事は現在形で表す事が多く、未来形は推量などの意味を持った文章の時に使われます。未来形の作り方、そして、どんな時につかわれるか、簡単に紹介します。
ドイツ語の文章

guten Rutsch ins neue Jahr 〜良い新年を!

日本語の「良い新年をお迎えください」にあたるドイツ語は「guten Rutsch ins neue Jahr」です。どうしてRutschと言われるのか、また、ドイツ語での新年の挨拶も紹介します。挨拶だけはキチンとした方がよいですから是非覚えて使ってください。
ドイツ語の文章

ドイツ語の文章・時制4〜過去完了形

ドイツ語の時制を表す文章、4つ目は過去完了形です。過去に起こった出来事のその以前に起こった出来事を表す時に使います。ドイツ語の完了形はhabenとseinのどちらを使うかもしっかりと抑えておきましょう。
ドイツ語の文章

ドイツ語の文章・時制2〜過去形

ドイツ語の6つの時制のうち、今回は「過去形」についてです。ドイツ語では過去の出来事は現在完了形で表すことが多いのですが、書き言葉、そして、特定の場合には過去形も良く使われます。また、動詞の過去形人称変化の仕方も覚えましょう。
ドイツ語の文章

ドイツ語の文章・時制1〜現在形

ドイツ語の文章には6つの時制があります。 今回はこの6つの時制の中で、「現在形」(Präsens)についてお話します。 現在形(Präsens)とは ドイツ語では、現在の事、未来の事を表現する時に現在形の文章...
ドイツでの日々

甘さ控えめのお菓子や食品ロスを減らそう!といったパッケージ表示

昨年、2018年には 「食品に含まれる糖分や塩分の量を減らそう」という動きがそして今年には ドイツ政府は「食品ロスを減らそう」と。 この件を「新・ドイツに住むうさぎより」に書きましたが、その時の記事はこちら 「朝食のシリアルやヨーグ...
ドイツ語の文章

【ドイツ語】Es gibt Möhren〜 非人称構文

先週は雪に見舞われたドイツです。 「雪が降る」をドイツ語で言うと Es schneit. でしたね。 この時の動詞、「schneien」(雪が降る)は非人称動詞です。 ドイツ語では文章を作るときに必ず主語を入れない...
ドイツ語の文章

ドイツ語文章の時制〜時制の種類

ドイツ語も英語のように 「その文章は現在のことを言っているのか、過去のことなのか」をはっきりさせて文章を作ります。 文章が現在なのか過去なのか、あるいは未来なのかを表すための文章の種類、「時制」はドイツ語の場合は全部で6つあります。 現在...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました