【うさぎ】私が病気になりまして・・腸内フローラをよくしておかなくちゃ!

うさぎの部屋

ドイツ語を学んでいる「うさぎの部屋」の住うさぎは どの子も実は(え?子供、っていうのに?)シニアうさぎです。 
年を重ねても、老人になっても 何かを習うことは大事だ! と一生懸命にドイツ語を習っているのはよいのですが なにしろ人間でいえば70歳を超えているので よく体調を崩します(涙)

今回は おしゃれな「ぶらうん2」。 どうも体調が優れないようで・・

Ich verstecke mich!

普段はあまり隠れることがないぶらうん2が 長時間にわたって隠れています。(尻尾が見えるけれど、本人、ではなくて本うさは隠れているつもりです)

うさぎは体調が悪くても あまりそのそぶりを見せないのですが(体調が悪いことを示すと天敵にやられてしまいます!) いつもより姿を隠す時間が長いことが多いです。 または隠れて出てこない・・
そして・・食欲が落ちています・・・

しかも お腹が「ぎゅるぎゅる」と鳴っているような音が聞こえます。 
耳を済まして聞くと やはりぶらうん2のお腹からの音。 (この音が人間のお腹からだと なんの心配もいらないような音なのですが・・)

これまで聞いたことのないような音です。 しかも姿を隠しています。

「これは・・体調が優れない?」

すぐに動物病院に連れて行くことにしました。 幸い、その日は月曜日。 行きつけの病院は朝9時から診察してくれます。

病院に一番乗りして すぐに診察してもらうと・・

やはりお腹が少し張っている!

でも体温は低くないので 重病ではないようです。(一安心) どうやら消化器官が弱っている、腸の動きが悪いようらしく、腸の動きを助けるために点滴。今回は自宅では点滴しなくてよかったので ちょっと安心。(ぶらうん1は自宅でも点滴を受けなくてはならなかったのですから・・)

痛み止めと お薬、それから 腸内フローラを改善すると言われる「Bene-Bac」を処方していただきました。

処方してもらった薬類

痛み止めも薬も 飲み薬なのですが 何しろそこは人間ではなくて 「うさぎ」です。 注射器にいれて 飲ませます。

1日3回の投薬。 1日に3回も捕まるぶらうん2。 ちょっと気の毒だったけれど、命にはかえられません。 しっかり捕まえて 注射器に入れた薬を飲んでもらいます。
とはいえ、この薬、美味しいらしいのですよ。

腸内フローラと整えるために、と処方されたもの。 人間ならヨーグルトとか かな?
粉末を水でといて 注射器に入れて口に入れます。 体重2kgのぶらうん2は1日に小さじ(TL)すりきり1杯。

痛み止めをもらったせいか、動物病院から帰宅してしばらくすると元気そうに動いていました。 けれどお腹の音はそれからしばらく聞こえてたっけ。

でも痛み止めのおかげかな? 食欲も少し戻ってきて 一安心。

少しずつ食べて・・排泄して・・で元気になりました。 

しかし・・・同居うさぎの1匹が病気になると 他のうさぎも皆食欲が落ちているようなのだけど・・仲良く、はいいけど、仲良く病気にならないでよね。

(今回、検査に点滴、薬をいただいてかかった費用は70ユーロでした)

コメント

タイトルとURLをコピーしました