毎日お掃除しないでよ〜うさぎ

うさぎの部屋

うさぎに限りませんが・・動物を屋内で飼っていると 毎日のように掃除に追われます。

ここ「うさぎの部屋」も屋内にあるので 毎日、掃除に明け暮れる事になっています。 うさぎは綺麗好きでトイレで用を足しますが それでも

  • 丸い黒い排泄物が軽くて うさぎが飛び回ると その丸い黒いものもあちこちに散らばる・・
  • 毛の生えた動物の毛は生え変わるから・・抜ける。 毛があちこちに!
  • 餌の牧草も軽いから これも空中移動。
  • そして・・「粗相」もする (要するに たまにはトイレ以外の所でしてしまう)

「うるさいなあ・・もう・・・だけど これ、なあに?」

以前は掃除機(Staubsauger)をかける度にうさぎの部屋のうさぎ全員 ハウスに逃げ隠れしていたのに・・最近は 慣れてしまったのか 勇敢に掃除機に近づく「ぶらうん1」。 でも掃除機の音は嫌なようです。

「お掃除中は僕も[ハウス]に隠れたかったのに すでに定員オーバー。逃げ遅れてしまったよ・・」

そう、勇敢に掃除機に近づいてきていた「ぶらうん1」、逃げ遅れてしまって[ハウス]にはいれません。 仕方ないので ハウスの後ろで待機。

まだお掃除中なのに ハウスから出てきた「しろくろ」。 いえ、多分、「ぶらうん1」に追い出された、が正しい。

「やはり掃除の後の綺麗なサークルは気持ちいいわね! いいわ、掃除機の音、我慢してあげる。 なんたって 後でご褒美がもらえるんですもの。 ねえ、知ってた? 掃除機の音を我慢したら 美味しいペレットのご褒美が待っているのよ。」

お掃除してもらって綺麗になったサークルで さらにご褒美のペレットなんて・・贅沢すぎる!! それは・・まるで 「部屋を掃除してもらって 掃除してもらったから美味しいケーキにありつける!」みたいな・・掃除をした人がケーキをもらえるのでは??(←人間の世界)

 

ドイツに住んでいると そして ドイツ人の家庭を見ていると やはり「ドイツに対するイメージ」通りに 掃除が料理より大切な家庭が多い気がします。 家の中がキチンと片付いている、埃が積もっていない、のが大事。そのためには掃除婦を雇う家庭も多いです。 そして・・家庭の食事は・・まあ、多少は犠牲になっているかも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました