辞書を引く時・文法用語〜ドイツ語学習にあたって

ドイツ語講座

外国語を習得する際には 辞書を使う事は避けられません。

ここでは ドイツ語を学習する際に必要な 「独和辞書」の使い方、 またドイツ語文法を習う際によく使う用語をまとめています。

辞書によって表記の仕方が違い、最近はとくに日本語表示でわかりやすいものが多い気がしますが あえて、日本語での表記でない表し方をした例を挙げます。

辞書はある程度文法を習ってからでないと使いこなせないので この記事を読んで理解できないところは 飛ばしておいて(あまり気にしないで) ドイツ語文法を勉強してから 改めて読んでください。

配列順

アルファベット順に言葉が並んでいます。

  • 特殊文字 ä,ö,ü は それぞれ a,o,u として並んでいます。 ( 独独辞書やドイツで電話帳など見ると、ä=ae, ö=oe, ü=ueと扱われてその順に並んでいることもあります。)
  • ßはssとして並んでいます。

動詞 (Verben)

動詞には

  • 自動詞 (目的語を必要としない動詞)「自」、Vi, i
  • 他動詞 (目的語を必要とする動詞) 「他」、Vt, t

が あります。

 

たとえば・・・ 「gehen」(行く)を調べると

 gehen i/a i(s) (歩いて)行く

(実際の辞書の例です↑)

 

「gehen」の後に続く  i/a は 過去形・過去分詞の形を簡単に示しています。 (ging- gegangen)

その後のi(s) は  i =自動詞 (s)=完了形でsein動詞をとる、 ということを表しています。

 

「austragen」(配達する)を調べると

aus|tragen   u/a  t   ①配達する。②解決する。

 

aus と tragen の間の縦線が この動詞が分離動詞で 実際に文中で使われる時には  tragen….ausという形になることを示しています。 u/a は 過去形がaustrug  過去分詞が ausgetragen となる事を表しています。

t とあるので 他動詞です。(他動詞は完了形ではどれもhabenを取るので 特に記述はありません)

名詞 (Nomen)

ドイツ語の名詞には男性、女性、中性名詞があります。

  • 男性名詞=maskulinum (m)
  • 女性名詞=femininum (f)
  • 中性名詞=neutrum (n)
  • 単数形=singular(si)
  • 複数形=plural(pl)

では、例を見ていきます。

まずは男性名詞です。

Hase   m -n/-n  ①ウサギ、(とくに)ノウサギ

見出し語「Hase」(の次が発音がのっている場合が多いです・・ここでは省略)その次の[m] が この名詞が男性名詞だと教えてくれます。-n/-nは 単数2格/複数形 を示します。(この名詞は男性弱変化名詞です)

 

女性名詞は

Frau  f -/-en   ①女、女性、婦人

 

[f]とありますね。 -/-enは 単数2格の時は形が変わらない、複数形は-enでFrauen

 

中性名詞は

Mädchen  n  -s/-   ①女の子、

 

[n]です。 単数2格はMädchens, 複数形は変化なく Mädchen。

前置詞 (Präpositionen)

前置詞は格支配をします。 前置詞によって次にくる単語の格が決まります。

von  prp-3  ①〜から

「von」にはprep-3 とあります。 この前置詞の後には3格の名詞がきます。

 

vor  ①prp-3.4   (空間的)〜の前で(に)

「vor」には prep-3・4とあります。 vorの後は 3格になる事と4格になることがあります。

ちなみに格は

  • 1格=Nominativ   略して「N」
  • 2格=Genitiv      「G」
  • 3格=Dativ               「D」
  • 4格=Akkusativ        「A」     と呼ばれます。

 

その他に形容詞(Adjektiv)などありますが これらは 辞書をひいてもなんの意味かわからない項目はないはずです。

ぶらうん1
辞書を引くのも面白そうだね。辞書をひいて しっかり単語を覚えるぞ〜〜!!

shirousagi
今は スマートフォンやタブレット用の「独和辞書」のアプリもあるから便利よ! わからない単語がでたらどんどん引いて しっかりおぼえてね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました