この単語の語尾はd?それともt?〜d,t,dt,tt

アルファベット・発音
ぶらうん1
ぶらうん1

こんにちは、shirousagiさん、
今日、庭で犬をみたよ!

犬ってドイツ語で「フント」だよね。

スペルは・・・あれ?

Hundだったっけ?Huntだったっけ?

shirousagi
shirousagi

Hallo ぶらうん1!
ドイツ語は書いてある通りの読むけれど、
語尾がDでもTでも同じ発音ね。
こんな時はその単語の複数形を思い出して!

ドイツ語は原則では書かれた通りに発音します。どのように読まれるのかわかっていれば、スペルを正しく綴ることができる単語が多いのですが、困ったことに語尾が

  • d
  • t
  • dt
  • tt

の場合は発音が同じです。ドイツ語を母国語とするドイツ人にも発音は同じに聞こえます。

例えば・・・

私は犬を1匹飼っています」という文章をドイツ語で言うと

「イッヒ ハーベ アイネン フント」です。

この文章が言えれば、大抵スペルも迷わずに書けるのです。

  • イッヒ=ich
  • ハーベ=habe
  • アイネン=einen
  • フント=Hund・・・でもHuntと書いてあったとしても「フント」と読めちゃう!

そう、語尾につくDは濁らないのでしたね。語尾以外についているDは濁ることが多いのに。

ドイツ語でなんと言うか(発音は)知っているけれど、書こうと思ったとたん、「あれ?この語尾ってDだった?Tだった?」ということはありませんか?

スポンサーリンク

語尾はt?d?それともdt?tt?

語尾がDかTか判断するには複数形を発音してみる

単語のおしまいにDがついていると、そのDは濁らないのです。単語のおしまいではなく、最初や中程にあるDは濁ります

濁るDをあえてカタカナ表記すると、続く母音によって「ダ・ヂ・ヅ・デ・ド」です。
濁らないDをあえてカタカナ表記すると・・・「タ・チ・ツ・テ・ト」。実際にはtaからaを外したような発音、「t」です。

例として、日本語にもなっている「ダックスフント」、これをドイツ語で書くと

Dachshund

最初のDは「ダ」ですが、語尾のDは「ト」です。(ダックスフンではありませんよね!)

単語の語尾にあるDは濁るけれど、語尾ではないDは濁らない!

この原則を利用して、単語の語尾がDなのかTなのか迷った時には「その単語を長くする」です。

え?長くする?

簡単に言えば、「複数形にする」のです。単数形の時に語尾にあるDかTを語尾でなくしてしまうのです。

犬にあたる「Hund」の複数形は「Hunde」です。発音してみると「フン」。「デ」です。濁っています!という事は「Hunde」、単数形は「Hund」ですね。

ただ・・・この方法、単語の複数形がわからないと使えません。(後ほど、複数形の練習をしましょう!)

語尾がttの単語は?

では、次に語尾がttの単語です。

  • 短い母音の直後にくる場合は大抵「tt」
  • 子音の直後は「t」

Ratte(Mausより大きいネズミ)・・・「ラッテ」です。ttの前に短い母音aがありますね。

Rat(助言)・・・これは「ラート」と読みます。tの前は母音ですが、長く伸ばします。

Rest(残り)・・・tの前は子音sです。子音の直後は原則ではtです。

語尾がdtの単語は?

最後に語尾がdtの単語です。

dtはttと同じく、短い母音に続きます。語尾がdtの単語は数少ないので、一つ一つ覚えましょう。

例・・・Stadt(町)、Verwandt(親戚)

語尾がdかtの単語とその複数形

では、語尾がdまたはtの単語とその複数形をいくつかあげます。

複数として使う事があまりない単語もありますが、覚えておいて損はありませんよ!

das Baddie Bäder入浴
der Helddie Helden英雄
der Monatdie Monate(暦の)月
das Geld die Gelderお金
das Gerätdie Geräte道具
der Schilddie Schilderプレート
das Diktatdie Diktate口述
das Lieddie Lieder
der Freunddie Freunde友人
der Walddie Wälder
das Zeltdie Zelteテント

seidとseit!

最後にseidとseitです!

この2つの単語はどちらも存在します。意味が全く違うので書く時には注意して下さいね!

seid(ザイト)—sein動詞で主語が「ihr」(2人称、親称複数)の現在人称変化形ですね。

  • Ihr seid Studenten. (君たちは学生です)

seit(ザイト)—「〜以来」という意味の前置詞です。

  • Seit gestern habe ich Fieber.(昨日から私は熱があります)
Ihr seid zuhause.

実は私もPCでドイツ語の文章を書いている時、seidとseitを間違えそうになることがあります。他の単語でも「あれ?これってdだったっけ?」と迷う事もあるのです。

毎日ドイツ語を話していても、書く事を疎かにするとスペルをうっかり間違えた!なんて事は日常茶飯事です。ましてやdとtのように発音が同じとなると。

ところで、この記事を書こうと思ったきっかけはなんと、ドイツの「フェイクニュース」サイトのこの記事からです。(この記事、何度も言いますが、フェイクですよ!)

へ〜〜ドイツ人でもseidとseitには困っているんだな〜と思いつつ。

seid とseit, 両方ともseidtになれば・・確かに正書法のミスは減りますけれどね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました