【ドイツ語】Es gibt Möhren〜 非人称構文

先週は雪に見舞われたドイツです。

「雪が降る」をドイツ語で言うと

Es schneit.

でしたね。 この時の動詞、「schneien」(雪が降る)は非人称動詞です。

ドイツ語では文章を作るときに必ず主語を入れないとならないので (例外は「命令文」) 形式だけの単語として「es」を主語に持ってきます。

このような動詞を「非人称動詞」と言います。 多くは天候を表す言葉だということを前回勉強しました。

「雪が降ります」や「雨が降ります」という意味の文章を作るには 動詞だけで「雪が降ります」という意味になり、主語を補足しなくてはなりません。 その場合、英語と同じく主語にesをとります。このような動詞を「非人称動詞」と言います

今回は この気候を表す非人称動詞をはじめとして 主語に「es」をとる「非人称構文」についてお話します。

非人称構文とは

意味の上では主語が必要でない文章を「非人称構文」と言います。 ドイツ語の文章を作る上では主語は必要なので 意味のないesを主語にします。

気候を表す動詞(非人称動詞)

前回勉強した動詞ですね

  • Es regnet. (雨が降る)
  • Es schneit. (雪が降る)
  • Es donnert. (雷がなる)

日時などを表す時

  • Wie spät ist es? (何時ですか)
  • Es ist ein Uhr. (1時です)

時計の読み方はこちらです。

ドイツ語で何時なのかの言い方です。 時刻を言う機会は多く、しかも日常生活では 独特の言い方があります。 約束の時間を間違わないためにも 正確に使いこなせるようにしましょう。 慣れると簡単です。

音や匂いなどを表す動詞

これらの動詞については前回も勉強しましたね。

  • Es klingelt. (ベルが鳴る)
  • Es riecht nach Essen. (食べ物の匂いがする)

感覚や心理状態を表す時

感じる人は3格(Dativ)で表します。 この場合はesは省略することができます。  例をあげると

Es ist mir kalt. (私は寒い) 

寒いと感じている「私」は3格(mir)になります。  文頭にmirを持ってくると

Mir ist kalt.

と esを省略することもできます。

  • Es ist mir schwindlig. / Mir ist schwindlig. (めまいがする)
  • Es ist mir übel. / Mir ist übel. (気分が悪い)

熟語

Es gibt + 4格(A) 〜がある

  • Es gibt viele Geschäfte in dieser Stadt. (この街にはお店がたくさんあります)
  • Es gibt nichts Neues. (新しいことは何もないよ)

Es geht + 3格(D) 〜の調子は〜だ

  • Wie geht es dir? (調子はどう?)
  • Es geht mir gut. (調子いいわよ)

Es handelt sich um + 4格(A)〜が問題である

  • Es handelt sich um unsere Zukunft. (私たちの将来に関わることです)

ぶらうん1
Es gibt Möhren! (人参があるよ)
shirousagi
Jaja, es gibt Möhren.  Magst du keine Möhre?(そう、人参があるわよ。 欲しくないの?)
ぶらうん1
Doch.  Aber ich esse(fresse) lieber Kohlrabiblätter! (ううん、欲しいよ。でも僕はコールラビの葉っぱの方が好きなんだけど。)


スポンサーリンク
アドセンス大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス大