【ドイツ語の前置詞】auf

ドイツ語講座

ドイツ語でよく使われる前置詞のうち、空間を表す場合はその場所を表す時は3格、移動先を表す時は4格をとる前置詞があることをお話しました。

 

3格と4格をとる前置詞は視覚的に覚えましょう!
前回はドイツ語の前置詞が続く名詞の格を決めると言う事をお話しましたが 今回は その中でも「3格、4格のどちらもとる事がある前置詞」について勉強します。 これらの前置詞は 場所・空間を示す事が多いので 目でみて 視覚的に覚えてし...

 

今回はその前置詞の一つ、「auf」です。

スポンサーリンク

空間を表す場合 (3格・4格と)

「〜の上に」「〜の上へ」という意味でしたね。 図で示すと

よく使われる例文は・・・

  • 3格(Dativ)= Das Buch liegt auf dem Tisch.  (その本は机の上にあります) 本はすでに机の上にある状態なので3格ですね
  • 4格(Akksativ)= Ich lege das Buch auf den Tisch. (私はその本を机の上におきます) 本は私によって机の上に置かれるという移動を表すので4格です。

「机の上にある」(wo?)   「机の上へ置く」(wohin?)  で もう一つずつ例文を。(前回書きましたね)

  • Die Tasse steht auf dem Tisch.   (カップがテーブルの上にあります)
  • Ich stelle die Tasse auf den Tisch. 私はカップをテーブルの上へおきます)

(お気に入りのPeter Rabbitのカップです! )

 

余談・・「テーブル」でも「机」でも「Tisch」(der Tisch/ 複数形はTische・ティッシュ)です。

 

「動詞」+「auf 名詞」の場合 (4格)

「auf」とセットで使われる動詞の中で 特によく使われるものはこれでしょうか。

  • auf  (etwasA/jemanden) warten 「〜を待つ」
  • auf (etwasA/jemanden) aufpassen (auf|passen・・分離動詞です)「〜に気をつける」

(注:etwas A=名詞の4格、jemanden=人称代名詞の4格  この部分に「〜を」や「〜に」に入る名詞が来ます。 これらの動詞につくaufは4格をとります)

ぶらうん1
Hallo, shirousagi!  Warte bitte auf mich!  ねえ、しろうさぎさん〜〜待って!  (僕を待って!)
shirousagi
Keine Sorge!  Ich warte auf dich.   Du warst krank.  Du sollst auf deine Gesundheit aufpassen.  心配しないで! 待ってるわよ。 ぶらうん1、あなた病気だったわね。 健康に気をつけなさいよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました