数〜少数、分数

ドイツ語講座

ドイツ語での数の数え方は こちらですが

ドイツ語の数 ドイツ語で数える
ドイツ語の数の数え方です。 観光のみにドイツに来る人でも 買い物に行ったり、レストランで食事をしたりはするでしょうから ドイツ語の数字は理解しておくべきですね。今回は数を数える、ドイツ語の基数です。最初は百の位までしっかりと言えるように...

今回は 少数、分数、など 自然数以外の数字の読み方です。

スポンサーリンク

少数

少数点以下は日本語と同じく、数字を一つ一つ読みます。 少数点はコンマを打ちます。(ピリオドではありません

小数点の前の数字を読んだ後、「Komma」(コンマ)を読み、その後、少数点以下の数字を一つ一つ読みます。

  • 1,3 = eins Komma drei
  • 0,2 = null Komma zwei
  • 3,41 = drei Komma vier eins
  • 5,7894 = fünf Komma sieben acht neun vier

分数

分数=分子/分母  ですね。  (3/4なら分子は3、分母は4)

ドイツ語の分数の読み方は  分子が先、分母が後、です。

  • 分子は 「基数」普通の数字の読み方です。  ただし、「1」のみ「ein」で「eins」ではありません。
  • 分母は「序数」にelをつけます。

==「序数」の作り方はこちら

ドイツ語の序数(1)〜作り方・+名詞の場合・人名に使われる場合
序数とは 物事の順序・順番(序数)を表す数詞である。 欧州の言語において序数詞は、日付(日)や世紀、分数の分母、また1世、2世、3世…といった同名の人物の世代数などにも用いられる。 Wikipedia 「序数詞」より なのですが 要す...

では、例を読んでみましょう。

  • 1/4 = ein viertel
  • 2/5 = zwei fünftel
  • 3/11 = drei elftel
  • 1/1000 = ein tausendstel
  • 1/2= ein halb 

分数は形容詞として 名詞の前についたり、分数のみで名詞となる事もあります。

形容詞としての分数

付加語的用法の形容詞として名詞の前におかれる分数は 格変化をしません。  例外は・・・

  • 分子が「1」の場合
  • (分母が2、つまり)「halb」の場合       です。

例えば・・

  • Ich trinke einen halben Liter Milch.   (「ein」と「halb」は格変化します。 この場合は4格。 Literは男性名詞)
  • Ich trinke zwei drittel Liter Milch.  (「2/3」は格変化しません。)

訳すと「私は 1/2リットルの牛乳を飲みます。」 「私は2/3リットルの牛乳を飲みます。」

格変化の仕方は

「halb」を使う時は大抵の場合、1/2と その前に「ein」がついていることが多いので その例をあげます。

  • Ich habe einen halben Tag frei.   (Tag=男性名詞4格)
  • Er kommt in einer halben Stunde (Stunde=女性名詞3格)

訳すと「私は半日おやすみです。」「彼は30分後に来ます。」

分数、特に1/2は形容詞として使われることが多く、また名詞化もします。 小文字で書き始めるか大文字で書き始めるかは 使い方によります。  分数の使い方を話すと 長く、また中級レベルになるので 今回は基本的な使い方まで。

ぶらうん1
Du kommst in einer halben Stunde, oder?(30分後に来るよね?)
shirousagi
Wartest du auf mich? (私のことを待っているの?)
ぶらうん1
Na, klar!  Du bringst immer Möhren mit!  Ich habe Hunger! (もちろん、だっていつも人参を持って来てくれるでしょ。 僕、お腹すいたよ。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました