【ドイツ語の前置詞】an

ドイツ語講座
この記事は約4分で読めます。

ドイツ語では前置詞というものがよく使われます。 そして、前置詞はそれに続く名詞の格を支配します。(前置詞によって続く名詞の格が決まります)  このことについてはこちらを読んでくださいね。

前置詞の格支配・前置詞一覧(Präpositionen)
「前置詞」とは 「前置詞の格支配」とは 前置詞とは 多くの人には英語でおなじみですね。 国語辞書で調べると ぜんちし【前置詞】ヨーロッパ諸語などに見られる品詞の一つ。 名詞・代名詞の前に置かれ、その語の他の語に対する関係を...

この中には 続く名詞が場合によっては3格になり、別の場合には4格になる、と言う前置詞があります。 主に場所、空間を表します。

3格と4格をとる前置詞は視覚的に覚えましょう!
前回はドイツ語の前置詞が続く名詞の格を決めると言う事をお話しましたが 今回は その中でも「3格、4格のどちらもとる事がある前置詞」について勉強します。 これらの前置詞は 場所・空間を示す事が多いので 目でみて 視覚的に覚えてし...

 

今回はその「3格と4格の両方をとる」前置詞の中の一つ、「an」(〜に接して、〜のきわへ)について 空間を表す場合と 特定の動詞と結びつく場合のよく使われる例をあげます。

スポンサーリンク

空間を表す場合 (3格・4格と)

前置詞anは あるものと接した場所を表します。 この図でしたね。

よく使われる文例が 前回もあげたこちら

  • Das Bild hängt an der Wand.   「その絵が壁にかかっています」

写真は バッハの肖像画が壁にかかっている所です。 「Bild(絵)」は壁に接しているので 「an」。 しかも この文章を答えとする疑問文を作るとすると

  • Wo ist das Bild?  (その絵はどこにありますか?)

と なり、WO? (どこ?)なので anに続く名詞は3格です。

 

前回あげたもう一つの例文は

  • Ich hänge das Bild an die Wand. 「私はその絵を壁にかけます」

情景を思い浮かべてください。 憧れ(?)の大作曲家バッハの肖像画をもらって大喜びの私、shirousagiが自分の部屋に持って行き、今、その絵を壁にかけようとしています。

「あら、shirousagiさん、その絵をどこにかけるの?」 バッハの絵は

私の手 → 壁 へと移動します。  この文章を答えとする疑問文を作るなら

  • Wohin hängst du das Bild?  (君はその絵をどこへかけるの?)

と なり、WOHIN? (どこへ?)なので anに続く名詞は4格です。

 

特定の日時を表す場合 (3格と)

時点を表す場合  (an dem =am でしたね)

  • am Morgen (朝に), am Abend(夜に、夕方に) —
  • am Montag(月曜日に), am Sonntag (日曜日に)–

ぶらうん1
Ich esse am Morgen viel Heu. (朝には牧草をたくさん食べるんだ!)

(うさぎは本当はessenではなくてfressenですけどね)

日付を表す場合

  • am 1. Januar (1月1日に)
ぶらうん1
Ich bin am 17. August geboren. (僕は8月17日に生まれたんだよ。)

動詞とセットになって使う場合

anを伴う動詞で 特によく使われ、語学学校でも頻繁に出てきたものはこの2つです。 (どちらも4格をとります)

  • an jemanden /etwas(4) denken  (〜のことを考える)
  • an jemanden /etwas(4) glauben (〜のことを信じる)

ぶらうん1
Hallo Braun2, ich denke immer an dich♡ (僕、いつも君のことを想っているよ。)
ぶらうん2
Ich denke..ich denke immer an Möhren! (私は・・私はいつも人参のことを考えているわ!

前置詞「an」を使う場合はまだ他にも色々あります。 まずはこれらの場合で「an」の使い方を覚えてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました